美術館

アウトレットを持たないアパレル企業の為のアウトレット

115
115
EDWARD GREEN
(エドワードグリーン)

POINT

EDWARDGREEN(エドワードグリーン)は1890年 イギリス、ノースハンプトンの工場でエドワードグリーン氏がハンドメイド紳士靴を作り始めました。履き心地の良さと上質さを追求し続けていた事で有名になりました。度々の買収によりアメリカに渡り、イギリスに戻ったのちフィッティングを最重要視し上質なレザーを厳選し木型に合わせていきました。1995年にはエルメスに買収されエドワードグリーンを代表するラスト(木型)「202」もエルメスの物となりました。2004年にはデザイナーにガジアーノ氏を迎え復活を遂げたようです。ローファースリッポンラストには「61」や「184」のクラシックの定番と、「65」「707」「909」などのモダンな新定番が存在しますが、このアイテムは定番のラスト「184」を使用しております。

一覧へ戻る

PAGETOP